放送番組審議会

  • 2014.01.21

    第44回

    日  時 平成26年1月21日(火)午後5時
    場  所 BS-TBS大会議室
    出席者 山崎敏子 委員長、北代耿士 委員、岸伸久 委員、丸島俊介 委員、諸田玲子 委員、渡辺久哲 委員
    局側出席者 平本社長、狩野専務、渡辺常務、三ツ井取締役、菅原取締役、大崎取締役、佐藤制作局長、茂川編成部長、牛久保プロデューサー
    議   事

    (1)局からの報告事項
    ・事業内容の概況
    ・編成状況の概況

    (2)審議事項
    テレビ番組
    「カリブ海 楽園大紀行」
    放送日時:
    2014年1月1日(水)19:00~20:55

    <委員の講評>

    • ・大沢さんが解説、それからナレーションをするが、大沢さんがどこにいるのかがちょっとよくわからないという感じがしました。キューバでビュイックのタクシーで行き、クラシックカーに乗って街をまわったり、タクシーの運転手がいて、隣に誰か乗っているシーンもあるんだけどあれは大沢さんではなく誰だろうという感じがあった。
    • ・大沢たかおさんが非常にフィットしていたのかなと思います。カリブ海の端から端まで映像がずっと続いてしまうと、どうしても行ってもいないのに疲れた気分になって、しかも整理のつかない頭で混乱してしまうというふうになるのですけれども、今回はあたかもリゾートの椅子を拠点として大沢たかおと一緒になって行った気になるという意味で、非常によかったと思います。
    • ・カリブ海の旅行でさまざまな色彩が非常にぜいたくに深く映っていました。画面の味わい深い風景がにおい立ってくるような印象がありました。
    • ・例えば砂丘と海の色と空の色の対比をパッと映すシーンだとか、緑の海岸線と赤い屋根の家が並んでいるところと空と海とか全体を貫いてとても鮮やかで楽しませるような色を次々と見せていただいたなという感じがして非常に気持ちを豊かにさせていただける番組だったなという印象を持っています。
    • ・女性のアナウンサーと大沢さんのナレーションが出てくるバランスがとてもよかったと思います。BGMなんかもすごくいいところに自然に入っていて、良かったです。
    • ・大沢さんの、「どこにあるかわからない楽園の入り口だろう」の様な言い方のセリフがあったがすごく厳選されたいいセリフだなと思います。全体を見て、おおらかさとか、本当に私たちが何を大事にしなきゃいけないかみたいなテーマがちゃんと伝わってくる。そういうものが伝わってくるというのは、すばらしい番組だったなと思いました

ページの先頭へ