放送番組審議会

  • 2010.08.13

    第31回

    2010年6月7日に第31回BS-TBS放送番組審議会が開催されました。審議会委員は6名が出席され、BS-TBS側からは平本社長以下8名が出席致しました。 
    第31回の審議会は、テレビ番組『サンデースコープ』について審議を行いました。
    放送日 2010年5月16日(日)、2010年5月23日(日)20:00~20:54

    委員からは以下のような意見・感想がありました。

    • ・この時間帯でほかには余りない、しっかりした堅いニュースで、非常にいいと思いました。基本的には、「ストレートニュース」と「特集」と「列島3000キロ」の3つが柱だということですが、「特集」は、きちんと時間を割いてきっちりつくっていらっしゃるなと思いました。「列島3000キロ」も結構時間を割いていると思います。うまく使えば、ここのところはすごくおもしろいだろうなという好印象を持ちました。
    • ・「特集」は、多分ここに力を入れていらっしゃるところだと思いますが、54分の枠の中で20~30分取り上げて、かなり深いところまで突っ込める企画ということで、1時間丸々とか、あるいはそれ以上の特番みたいなものには乗りがたいようなものを取り上げていらっしゃるんだろうなと思います。このテーマにひかれると、確かにこの番組自体を見てみようかなという気になっていくのかなと思います。
    • ・テレビニュースは個性の時代だと思うので、どういうニュースをつくろうとしているのかがはっきり伝わってこないという点で、どうも消化不良感が残る。そこで2つほど要望するなら、もう少しパースペクティブが広がらないかなということがひとつ。時間的なパースペクティブと問題のパースペクティブとをひろげると、そうだよねと納得できるような展望が見えてくるのではないかなと思います。2番目の注文は、もうちょっとやりとりが多くならないかなという点。要するに、杉尾キャスターがもっと質問をぶつけてほしいです。どちらかというと視聴者の疑問を自分が代弁してどんどん聞くというふうにしてくれたらおもしろいと思います。
    • ・日曜の夜にゆっくり見られるいい番組だなと思いました。3人のキャスターでスムーズに番組が流れているという感じも受けました。
    • ・週に1度ですから、どうしても勝負は「特集」になってくるだろう。ですから、この「特集」がおもしろいときには結構印象に残るけれども、「特集」が余り興味のないものだと、ちょっとインパクトが弱くなるのかなという感じがしました。 「ストレートニュース」は1週間の流れをうまく説明していって、全体をまとめるような感じの番組構成にしないと余り意味がないと思います。「列島3000キロ」は、ニュース性はないかもしれないけれども、番組に丸みというのか、優しさをつけ加えて、筆休めになると思います。
    • ・世に報道番組が沢山あります。その中で「サンデースコープ」らしさに期待したい。この番組らしいテーマを厳選され、歯切れ良きコメントを今後も期待したいと思います。
    • ・杉尾キャスターは、大変好感を持てる人で、言い過ぎず、言い足りず、時々ああなるほどというポイントも出していただけるので、非常に落ちついて見られます。その点はすごくいいなと思いましたが、私はやはり杉尾節みたいなのがもっと前面に出ていいような気がしています。「NEWS 23」で筑紫哲也さんが見せたような「異論 反論 オブジェクション」とか「多事争論」とか、杉尾さんの言葉で何か1つのことをポンというようなコーナーがあると、そこに杉尾さんを据えている意味がもっと前に出てくる。あれは杉尾さんの番組みたいな形でつくっていき、普通の単調なニュースとは違うようにしていったほうが、私はいいなと思いました。
    • ・こういう番組は特色を出すのは取材力なので、「列島3000キロ」と「特集」の2つがおもしろいかどうかにかかっている。へえ、これは他局でやっていなかったとか、これは初めて知ったとか、これはおもしろいねというものがそこで扱われれば、ああこれはよく取材してくださいましたねという話で、見てよかったという気分になるはずです。他局と同じような扱い方のニュース、これもしようがないですけれども、そればかりだと、これはほかのニュースで見たからもういいよという話になってしまう。日曜日のこの時間帯で人気をとっていこうと思ったら、私も「列島3000キロ」と「特集」、ここが取材力、まさに地方とのネットワークを生かしながらつくっていくような形のものを、今後も期待したいなと思っています。
    BS-TBS番組審議会委員
    委 員 長
    師岡 文男  (上智 大学教授)
    副委員長
    村 和男 (弁護士)
    委員
    逢坂 剛  (作家)
    委員
    沼田 早苗 (写真家)
    委員
    野間 省伸 ((株)講談社 代表取締役副社長)
    委員
    成田 康昭 (立教大学教授)
    委員
    篠原 弘子  ((株)プレノンアッシュ 代表取締役社長 )

ページの先頭へ